×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


韓国女性グループ躍進第一号・二十世紀末に韓国から日本へ贈られた親善大使

SES title
Sea, Eugene, & Shoo
2016年5月31日更新

メンバー

ニックネーム 本名 生年月日
Sea(바다-バダ<海>) 최성희-チェ・ソンヒ(崔盛希) 1980年2月28日
Eugene(유진-ユージン)
김유진-キム・ユジン(金楢真) 1981年3月3日
Shoo(슈-シュー) 유수영-ユ・スヨン(柳水永) 1981年10月23日


1997年、I'm Your Girlで彗星のようなデビューを飾りました!最初のラップ導入部分はSMエンタテインメントの先輩、SHINHWAが担当してるんです。また、音楽的に重要なのはこの時まで韓国ポップスの主流だったヒップホップ音楽でヒップ・ホップ・コスチュームだったところ。今のようにセクシー路線でも、キュート路線でもなかったんです!

I'm Your Girl 1998年のテレビ出演動画。リップシンクないのはもちろん、被せて2重ボーカルで歌うのも最小限でほとんど素のボーカルが聞けます。


当時は韓国のヒットチャートの20位くらいまでを男性歌手が占めていました。そんな時代に女性ダンスグループ歌手として大ブレークし、ヒットチャート上位の常連に。後続の女性歌手たちのブレークの引き金になりました。今の、アイドル性と歌唱力の両方を兼ね備えたK-POP、後輩の少女時代らガールグループのルーツだと断言できます。

同じデビューアルバムからの2曲目のヒットは Oh My Love。今度はより歌謡曲っぽい曲で、踊りもシンプルにして大衆受けを狙ったそうです。



SESは台湾へも進出し、大活躍。日本へも活動範囲を拡大し、当時のSPA!では「金大中大統領が贈った日韓親善大使」と紹介されていました。というのも韓国への観光客誘致のためのCMに大統領と一緒に出演したのと、大統領の文化政策により日本の歌手が韓国で日本の歌手が堂々と日本語の歌を歌えるようになったのですから。

3人はほぼ同い年で、Sea/バダがリーダーでメインボーカルです。Sea/バダ/바다はあるコンテストでMariah Careyの曲を熱唱し、それが認められて芸能界へスカウトされたそうです。Eugene/ユジン/유진は幼い頃にグアムで長年過ごしたため英語が堪能です。Shoo/シュー/슈はなんと日本生まれの日本育ちなのでもちろん日本語が上手です。このような多文化的背景を背負い、ルックスも抜群ということで韓国でブレークしたのもうなずけます。中でもやはりSea/バダの歌唱力は韓国女性歌手の中でも群を抜いており、ソロでも充分に通用したはずです。(解散後、現在までソロで大活躍中!)

メンバー構成は最初から世界を目指して、Sea/バダを中心に、日本語話者と英語話者のメンバーを揃えた形ですが、実は中国語話者もメンバーに入る予定だったけど実現しなかったと言われています。

SES は台湾へ進出して大成功を収めました。彼女らはその勢いで日本へも進出し、多数のシングルと日本では2枚のオリジナルアルバム、更に2枚のベスト盤を発表しました。記念すべき日本デビュー曲は「めぐりあう世界」で、「ぐるぐるナインティナイン」のエンディングテーマになり、それなりにヒットしました。

HEY HEY HEY の出演シーン。(1998年11月30日放映)前半に楽しいトークがあります。この歌は今やレアです。韓国語バージョンも存在しません。ちょっと後にカバーしたMisia「つつみ込むように」に似ているからかな。


2枚目のシングル、「夢をかさねて」。このときはシングルを買って、何度も聴きました!なぜか台湾のテレビで日本語の歌を歌う、韓国のS.E.S.!なんてインターナショナル!な動画をどうぞ!



以降は'99年の全国高校生サッカー選手権のテーマになった"Sign of Love"がヒット。


2000年8月に日本テレビで放映された日本初のフルCGアニメ、「海のオーロラ」のテーマソングを担当。 



また、日本での2枚目のシングルであった、「夢をかさねて」は後に韓国語バージョン「꿈을 모아서」として韓国で大ヒットを記録しました。



韓国ではオリジナルアルバムを5枚発表し、自分たちの日本語曲を韓国語で歌ったアルバムを別に発表。 その後日本のAvexから韓国のベスト盤が発表されています。版権の問題からか韓国で大ヒットを記録した MISIA「包み込むように」のカバー「감싸안으며」は残念ながら収録されていません。



ses
当時は後続の女性歌手が多数登場し、F'inkle(ピンクル)という4人組とよく比較され、ファンの間で中傷合戦がインターネット上で活発になりました。

2002年には日本での活動からは撤退し、韓国内でも人気が下がってきました。ベストアルバムはその区切りという意味合いがあるのでしょう。S.E.S.すでに解散し、現在はソロで女優や歌手としてそれぞれ活動しています。

Shoo/シュー/슈はすでに日本でV6とジョイントしてシングルを発表したり、ミュージカルに挑戦したりていますし、Eugene/ユジン/유진は韓国の映画で主役を演じることになりました。Sea/바다/バダもすでに女優活動から始め、歌よりも演技で勝負したいと言っていましたが、今や立派なソロ歌手として大活躍。3枚のアルバムをすでにヒットさせています。韓国ドラマ「春のワルツ」でも一曲披露しています。

Eugene/ユジン/유진って英語の名前ですが、今思えば「冬のソナタ」チェ・ジウが演じたのは「ユジン/유진」でしたが、何かつながってるんでしょうか?Eugene/ユジン/유진 もアルバムを数枚発表しています。

S.E.Sの日本進出が後続のBoA/보아のブレークにつながり、そこから日韓共催ワールドカップがあり、「冬のソナタ」に始まる韓流ブームへとつながったのは間違いありません。

★SESの韓国盤CDはココ(↓)で!★


SES & Me

sesS.E.Sは僕が留学準備をするため、中年フリーターであったときに日本へ来て、上記のように韓国から来た可愛い親善大使ということで応援しようと思いました。デビューシングル「めぐりあう世界」を買い、封入されていたハガキに必要事項を書いて送ると、なんと、ダウンタウンの歌番組「Hey Hey Hey」の収録に招待されたのでした。それで友人二人を引き連れ、スタジオへ行って、当時の新曲、「夢をかさねて」の収録に参加したのです。会場には韓国のおばさんたちも何名かおり、愛情あふれた声援を送っていたのが印象的でした。リハーサルがあったので、二回見ることができたのはラッキーでした。テレビで放送されたその場面はビデオに撮っておきましたが、自分を確認するのは不可能でした。

YOUTUBEで見つけました。


このように目の前で実物を見ると、より好きになるもので、結局彼女らのアルバムをほとんど揃えることになりました。そのうち一枚はアメリカへも持って行って時々聞いていました。当時米国在住中だった弟には、アメリカではいい年の男が女性アイドルの歌を聞くのは恥ずかしいことだから人には言わないほうがよいと忠告されてしまいました。

後に「夢をかさねて」の韓国語版が韓国でヒットしたときには格別に嬉しかったです。


SESの魅力


ses1.日本語と韓国語の歌を歌い、一部は両言語のバージョンがあるということ。Godiegoと似たような感覚で楽しめます。

2.韓国語の歌は少女のラブソング的な曲が多いですが、日本語の曲はより普遍的な愛と勇気、希望を歌っている曲が多く、そのような曲が好きです。

3.なんといってもSea/바다/バダの歌の上手さ、これが最大の魅力でしょう。Eugene/ユジン/유진の声もなかなか可愛くて良いです。

4.僕と同じ日本生まれ、日本育ちのメンバーがいること。

K-Popの中では、僕が好きだったソテジワアイドゥルRoo'raが解散し、DJ DOCも落ち目になったころから僕にとって新しいスターが現れず、当時はほとんどSESのアルバムしか買わない状態が続いていました。

3人とも厳しいスケジュールの活動を立派にこなし、人々に元気を与え続けてくれました。今後の3人それぞれの活動を見守っていきたいと思います。韓国へ何度も行き来している今、彼女らと韓国での出会いを楽しみにしています!

ディスコグラフィー

アルバム~日本
REACH OUT

Be Ever Wonderful
PRIME-S.E.S the best-

アルバム~韓国
S.E.S.1, I'm Your Girl

S.E.S.2 Shy Boy

S.E.S.3 LOVE
A letter from Greenland

Surprise
Choose My Life-U

BEAUTIFUL SONGS

Friend
シングル・マキシシングル~日本
めぐりあう世界
I’m your Girl(Remix)
夢をかさねて
(愛)という名の誇り
T.O.P (Twinkling of Paradise)
Sign of LOVE

海のオーロラ

LOVE~オンジェカジナ
Lovin’ you


My Favorite Singersへ

TOPへ