×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

戻る
TOPへ

キム・ハノ詩集 6 在日の詩
「つる」
つるはつるるう、つるるうと鳴く
朝鮮ではつるみと呼び
日本ではつると呼ぶ
つるは江戸時代高麗人参をくわえて渡来したという
千年長寿吉祥のしるし
夢につるを見ると思うことかない
つるのダンスを見たならば
夫婦仲が良くなるという
つるは暖かい羽一枚また一枚
むしりながら機(はた)を織る

つるの中でも丹頂づる
松にとまると絵に変わる
赤い頂、白い雪
夫婦一羽死んだとき
あとの一羽は決して側を離れない
一生一羽で暮らすという
朝鮮人はつるみが好き
日本人もつるが好き
朝鮮・日本往来する
つるは朝・日親善の
幸せの使者、キューピッド
力強く弦を引き
きっとまん中キューッと射て!

※丹頂ヅルは普通地上生活をし、松の木にとまらない。
おそらくコウノトリであろうが、絵では丹頂ヅルとなっ
ていることが多い。 縁起かつぎであろう。

I 生活 より

注 つるを朝鮮で「つるみ」と呼ぶとありますが、実際には
「とぅるみ」(turumi)です。



戻る
TOPへ

語彙解説